マークス外国法事務弁護士が特許庁主催の研修プログラムにおいて講師を務めました

エリック・マークス外国法事務弁護士が、2017年1月29日に実施された特許庁主催の研修プログラムにおいて、M&A取引のケーススタディを題材とした講義を担当しました。当該講義においては、テクノロジー企業の買収が絡むクロスボーダー取引における法的問題点を紹介し、参加者との議論を行いました。

2017-02-13T13:58:43+00:002017/01|