木下弁護士及びマークス外国法事務弁護士の共同執筆記事掲載(MARR Online)

木下弁護士及びマークス外国法事務弁護士の共同執筆記事掲載(MARR Online)

木下万暁弁護士とエリック・マークス外国法事務弁護士が共同執筆した「禁止期間経過後の訴訟提起事案に学ぶ米国独占禁止法上のリスクとその対応」と題する記事がMARR Online(2017年12月号)に掲載されました。同記事においては、米国で事前に独占禁止法上の届出がなされ、禁止期間が経過後に実行された案件について、後に米国司法省から訴えが提起された事案を例に、米国のM&A取引をめぐる独占禁止法上のリスクとその対応について解説しています。

2017-11-09T11:27:56+00:00 2017/11|