マークス外国法事務弁護士がIPBAにモデレーターとして参加

エリック・マークス外国法事務弁護士が、20183月にフィリピンのマニラで開催されたInter-Pacific Bar Association (環太平洋法曹協会) の年次総会のベンチャー・キャピタルに関するパネルにおいて、モデレーターとして参加しました。パネルのメンバーはアジア諸国を代表するベンチャー・キャピタルの弁護士により構成され、活発な議論が行われました。

2018-05-21T16:25:49+00:00 2018/03|